NEWS ニュース

「食」を通じて家庭ですごす時間を楽しむクッキングレシピを提供

「食」を通じて家庭ですごす時間を楽しむクッキングレシピを提供

子育て支援事業最大手 JP ホールディングスグループは、子育て支援施設における食育活動に取り組んでいます。このたび、グループ子会社である株式会社ジェイキッチンでは、新型コロナウイルス感染症の影響により、自治体からの要請を受け休園や登園自粛の対象となっている当社グループ運営の保育園に通うお子様および保護者の皆様に向けて、自宅でできる「おうちでチャレンジレシピ」「短時間で作れる簡単レシピ」を作成しました。

今回のレシピは、保育園の園長や栄養士・調理師からの「今の時期を少しでも明るくすごしてもらうため、食を通して楽しめる情報を提供したい」「『休園だと給食がないため、お昼ご飯の準備が大変』と保護者の方々から聞いている」という相談をうけて考案したものです。各レシピは、各保育園に配信され、保護者支援の一環として活用されています。

家庭で楽しめる「おうちでチャレンジレシピ」を作成

【レシピの一例「1歳児向け:野菜をちぎるだけで簡単!野菜ソテー」】

「おうちでチャレンジレシピ」では、野菜をちぎる(1歳児向け)、混ぜてこねる(3歳児向け)など、年齢に合わせたお手伝いを紹介しながら、野菜ソテーや手作りパンといった、調理することも食べることも楽しめるレシピを紹介しています。「短時間で作れる簡単レシピ」では、給食でも人気のある、鶏ごぼうの炊き込みご飯やささみサラダなどのメニューを紹介しています。また、過去2回のレシピを見た保護者の皆様からの要望を受け、第3弾として給食のメニューを家庭でも作りやすいようアレンジした「保育園で人気の免疫力アップメニュー」のレシピを5月22日に追加配信しているほか、6月以降、保育園で提供する給食でも、免疫力を高める食材を多く使用した献立を導入します。各レシピは当社グループが運営する保育園へ献立を提供している株式会社ジェイキッチンの管理栄養士が監修しており、こどもの食が進む、栄養満点のレシピとなっています。

こどもたちに「食べることの楽しさ」を提供

今回献立を提供した株式会社ジェイキッチンの運営本部には、管理栄養士・食農指導員が常駐しており、各園向けに食育活動の巡回指導・活動のアドバイスをしています。また、保護者向けに食材や食育に関する情報をまとめた通信である『もぐすく通信』を発行するなど、家庭でも楽しく食育活動に取り組めるよう情報を提供しています。保育施設では、管理栄養士や食農指導員のサポートのもと、園庭の畑やプランターだけでなく地域の農園も利用して旬の野菜等を育て、こどもたち自ら収穫・調理して食べるなど、食を通じて様々な体験ができるよう、取り組んでいます。

【食育の情報を提供する「もぐすく通信」】

【保育園の畑の様子】

JPホールディングスグループでは、今後も様々な食育活動を通じて「食べることの楽しさ」をこどもたちに提供できるよう努めてまいります。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社JPホールディングス 東京本部
広報IR部 都志・牛田・筒場
Tel:03-6433-9515
E-mail:jphd_pr@jp-holdings.co.jp
PDFダウンロード
PAGE TOP