action plan 一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に基づき、
次の「一般事業主行動計画」を策定しています。

1.次世代育成支援対策推進法に基づく計画

JPホールディングスグループ(※)では、職員が仕事と子育ての両立を実現し、働きやすい環境を整備することにより、子育て中の職員及び、子育てをしていない職員も含めた全ての職員が、その能力を十分に発揮できるよう、次のように行動計画を策定します。

計画期間 2017年1月1日~2019年12月31日
内容 目標1:従業員の労働時間管理の徹底
  • 2017年1月~:制度の検討、職員からの意見収集
  • 2018年1月~:制度の導入、職員への周知・啓蒙
目標2:ノー残業デーの導入
  • 2017年1月~:制度の検討、職員からの意見収集
  • 2018年1月~:制度の導入、職員への周知・啓蒙

※本件の対象グループ会社は(株)日本保育サービス、(株)ジェイキッチンとなります。


JPホールディングスグループ(※)では、仕事と生活の調和を図り、働きやすい雇用環境を整備することで、職員のキャリア形成・能力発揮への促進および地域社会への貢献を図るため、次の通り行動計画を策定します。

計画期間 2019年4月1日~2022年5月31日
目標
  • 平均勤続年数を、2018年比10%向上を目指す
  • 職員にとって、より働きやすい会社を目指す
取り組み内容と
実施時期
2019年4月~
従業員満足度を可視化するツールをトライアル導入
全職員の業務における問題や不安、女性に多いワーク・ライフ・バランスの悩みなど、いち早く察知し相談に乗ることで、手厚いサポートを実現する
2019年12月~
新規人事管理システムの導入
各社員のこれまでのキャリアを可視化、適切な配置やキャリアアップを行う基盤を作る
2020年4月~
職員一人ひとりが目標とするキャリアパスを作成
上長がそれを把握し、適切なアドバイス、フォローができる体制を構築する
2021年4月~
当社で実現できるキャリアパスの在り方を取りまとめ、キャリア形成の指針を作成

※本件の対象グループ会社は(株)アメニティライフとなります。

2.女性活躍推進法に基づく計画

JPホールディングスグループ(※)では女性がさらに活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定します。

計画期間 2019年4月1日~2022年5月31日
目標
  • 平均勤続年数を、2018年比10%向上を目指す。
  • 職員にとって、より働きやすい会社を目指す。
取り組み内容と
実施時期
2019年4月~
従業員満足度を可視化するツールをトライアル導入
全職員の業務における問題や不安、女性に多いワーク・ライフ・バランスの悩みなど、いち早く察知し相談に乗ることで、手厚いサポートを実現する
2019年12月~
新規人事管理システムの導入
各社員のこれまでのキャリアを可視化、適切な配置やキャリアアップを行う基盤を作る
2020年4月~
職員一人ひとりが目標とするキャリアパスを作成
上長がそれを把握し、適切なアドバイス、フォローができる体制を構築する
2021年4月~
当社で実現できるキャリアパスの在り方を取りまとめ、キャリア形成の指針を作成

※本件の対象グループ会社は(株)日本保育サービスとなります。

PAGE TOP