NEWS ニュース

お預かりするお子様・保護者の皆様・従業員の安全確保を最優先に新型コロナウイルス感染症対策を実施徹底しています

お預かりするお子様・保護者の皆様・従業員の安全確保を最優先に
新型コロナウイルス感染症対策を実施徹底しています

JPホールディングスグループでは、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、対策本部を設置し、自治体と連携しながら、お預かりするお子様・保護者の皆様・取引先・従業員の安全確保を最優先に考え、日ごろから行っている感染症対策を再徹底・強化し、感染防止に向けた取り組みを実施しております。

各子育て支援施設での感染防止に向けた取り組み

保育園・学童クラブでは、全従業員の毎朝の検温、施設の清掃と消毒を強化、手洗い・うがい・手指消毒の徹底、こまめな換気と加湿の実施、マスク着用など、感染拡大防止の取り組みを実施徹底しています。

【施設で使用する玩具などの消毒】

【保育室のドアの消毒】

【施設玄関でも情報発信】 

【預かり時の手指消毒・検温の徹底】

  • 全従業員の毎朝の検温。5度以上の発熱・体調不良時は解熱後24時間経過および症状が改善するまで出勤不可。
  • 全従業員の出勤時の手洗い・うがい・手指消毒を実施。原則マスクを着用。
  • 施設の清掃と消毒を強化。
  • こまめな換気(約30分に1回程度)と加湿を実施。
  • 納品などで立ち入りする取引業者に検温を依頼、また立ち入りの際は手洗いまたは手指消毒の実施を要請。
  • 保育園では、お子様・保護者の皆様に毎朝の検温を要請。5度以上の発熱・体調不良時は解熱後24時間経過および症状が改善するまで自宅保育を要請。学童クラブにおいては、各自治体の指導をもとに対応を要請。
  • お子様・保護者の皆様に入室前のアルコール消毒もしくは手洗い・うがいの実施を要請。

また、従業員の健康状態の把握のみならず、保育・育成現場の従業員を対象とした「心の相談窓口」を開設し、様々な悩みや相談に対応し、安心して働けるための取り組みを実施しています。

JPホールディングスグループは、今後もお預かりするお子様・保護者の皆様・取引先・従業員の安全を最優先に、感染拡大防止に向け、迅速に対応方針を決定し実施してまいります。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社JPホールディングス 東京本部
広報IR部 都志・牛田・筒場
Tel:03-6433-9515
E-mail:jphd_pr@jp-holdings.co.jp
PAGE TOP