NEWS ニュース

テレビ東京の乳幼児向け番組「シナぷしゅ」の制作陣がアスク上目黒保育園を訪問、絵本の読み聞かせとダンスを行いました。

テレビ東京の乳幼児向け番組「シナぷしゅ」の制作陣が
アスク上目黒保育園を訪問、絵本の読み聞かせとダンスを行いました。

12月3日、子育て支援最大手のJP ホールディングスのグループ企業の日本保育サービスが運営するアスク上目黒保育園を、テレビ東京の乳幼児向け番組「シナぷしゅ」の制作陣が訪れました。

「シナぷしゅ」は12月16日~20日の朝、テレビ東京系列で放送される主に0~2歳の乳幼児を対象にした番組。今回は番組のプロデューサーでもあり出演者でもある松丸友紀アナウンサーが、アスク上目黒保育園の1歳~3歳の園児たち約20名に絵本の読み聞かせを行い、ダンスを一緒に踊りました。

【読み聞かせをする松丸アナウンサー】

「シナぷしゅダンス」でみんなが笑顔に
読み聞かせの後は、松丸アナが考案した番組オリジナル「シナぷしゅダンス」を一緒に踊りました。ちょっと恥ずかしがっている子もいましたが、元気に手をたたいたり、ジャンプしたり、ダンスを楽しんでいました。

【「シナぷしゅダンス」を踊る松丸アナウンサーと園児たち】

 

【最後は皆で記念撮影】

日本保育サービスは、全国13の都道府県で保育園、学童クラブ、児童館など合計285の子育て支援施設を運営しています。今後も当社クループは、子育て世代を応援するプロジェクトに協力し、こどもたちの未来を育んでまいります。

本件に関するお問い合わせ先
株式会社JPホールディングス東京本部
広報IR部 都志・牛田・筒場
Tel:03-6433-9515
E-mail:jphd_pr@jp-holdings.co.jp
URL:https://www.jp-holdings.co.jp/
PDFダウンロード
PAGE TOP