NEWS ニュース

3月30日 平成30年度JPホールディングスグループ入社式が執り行われました

3月30日 平成30年度JPホールディングスグループ入社式が執り行われました

荻田代表取締役社長からの期待を込めた訓示の後、新入社員からも力強い決意表明がありました。先輩従業員からの歓迎の気持ちを込めた余興もあり、緊張の面持ちだった新入社員からも笑顔があふれる入社式となりました。最後に4月1日より㈱日本保育サービスの代表取締役社長に就任した片柳からのメッセージを受け、「こどもたちの笑顔のために...」という決意を新たにした様子でした。
当社グループはこれからも、新しい仲間とともに、未来を担うこどもたちのために質の高い保育サービスを提供していきます。

 

【㈱JPホールディングス 代表取締役社長 荻田和宏 訓示(要旨)】

ご入社おめでとうございます。皆さんの門出を祝う清々しい朝となりました。今日からしっかり社会人としてのスタートをきってください。
保育園を取り巻く環境についてお話しすると、ここ数年、待機児童が減っていません。保育園に入りたくても入れず、困っているご家庭も減っていないということです。私たちは、業界最大手として、よりよい保育園を運営するとともに、全国で保育園を増やしていくという大きな使命があります。皆さんも、この使命を果たすことに一緒に取り組んでもらいたいと思います。
仕事をしていく中で、順調な日々が続くとは限りません。ここにいる同期の絆を大切に、辛い日は同期と励まし合い、力を出し合ってください。仕事もプライベートも楽しんでください。明日から、それぞれの持ち場で、精一杯努力をしてもらいたいと思います。

【㈱日本保育サービス 代表取締役社長 片柳千代子 挨拶(要旨)】

ご入社おめでとうございます。この会社に入社していただき、ありがとうございます。
今日の入社式を見て、会場が一つになったと感じました。これからこの会社のメンバーとして働くイメージがつかめましたか?今日見てもらって分かるとおり、個性あふれる従業員ばかりですが、仕事に向かうときは皆真剣です。「こどもたちの笑顔のために...」一人ひとりが自ら何ができるのか考え行動し、力を発揮することがこの会社のモットーです。
皆さんのことを、心から大きな期待を持って楽しみに待っていました。まずは健康が第一、健康でいることも能力のうちです。元気な笑顔で、共にがんばりましょう。

 

PAGE TOP